先輩ママ達が選ぶ、赤ちゃんの粉ミルク人気ランキング

多くの先輩ママさんたちの意見を元にした、赤ちゃんの粉ミルク人気(口コミ)ランキングを紹介します。与える粉ミルクはこれじゃないといけないということはないので、あくまでも参考までにご覧ください。

なお、赤ちゃんのための粉ミルクの選び方という記事でも書きましたが、使用する粉ミルクは1社に限定せず、数種類(2~3社)のメーカーのものを切り替えながら赤ちゃんに与えることをオススメします。

アイクレオのバランスミルク

販売元のアイクレオはグリコのグループ会社です。人気の理由としては、安全性への評価が高いことです。特に放射能検査に関しては、各メーカーを比較して一番厳しく行われているといわれています。またカスタマーサポートの評判が良いのも嬉しいです。

粉ミルクの特徴としては、やや甘めなミルクといった印象を持ったママさんが多数いらっしゃいました。より母乳の成分に近づけるため、β-カロテンや免疫力を付けるために有効なヌクレオチドを、他のメーカーよりも含有量を多く配合しています。

とにかく「安心・安全な粉ミルクがいい!」ということでアイクレオの粉ミルクを選んだママさんが多く、口コミでの評価もかなり高いです。

アイクレオのバランスミルクを購入できるお店

はぐくみ(森永)

森永の「はぐくみ」は、国内の粉ミルクでシェアナンバーワン。昔から粉ミルクを製造しているメーカーで、日本の粉ミルクのおよそ約4割は森永乳業が作っているといわれています。安全性に関しても独自の検査基準を設けていて、厳しいチェックが行われているので安心できます。

森永の粉ミルク(はぐくみ)の特徴は、感染予防や免疫力強化に効果が期待できるラクトフェリンを配合しているところ。また他のメーカーはオリゴ糖を1種類しか配合していないところがほとんどですが、「はぐくみ」は2種類のオリゴ糖を配合していて、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす効果があります。

森永の粉ミルクは「まさに定番!」といった感じなので、とりあえず粉ミルク選びで迷ったら選んでみるといいと思います。

はぐくみ(森永)を購入できるお店

はいはい(和光堂)

和光堂の「はいはい」は、他のメーカに比べて低価格なので、コストパフォーマンスを重視される方に人気の粉ミルクです。他社の粉ミルクよりも甘みは少ないですが、「お湯に溶けやすく、だまになりにくいので使いやすい」という意見のママさんも多かったです。

和光堂の粉ミルク(はいはい)も、森永の粉ミルクと同様にラクトフェリンを配合していています。主要な栄養素は全体的にバランスが良く。母乳に含まれる5種類のヌクレオチドを配合しています。

はいはい(和光堂)を購入できるお店

すこやか(ビーンスターク)

販売元のビーンスタークは、大塚製薬と雪印乳業が共同出資して設立した会社です。

ビーンスタークの粉ミルク(すこやか)の特徴は、他のメーカの粉ミルクには配合されていないガングリオシドが含まれていること。このガングリオシドは、赤ちゃんの脳の発達に働きかけるといわれています。さらに調乳濃度が赤ちゃんの負担にならないように設定(母乳に近い13%)されているのも嬉しいです。

ほほえみ(明治)

明治の粉ミルク(ほほえみ)の特徴は、他のメーカーにないカルニチンが配合されているところ。さらに牛乳アレルギーの原因となるといわれている、ベータ・ラクトグロブリンを80%低減しています。

赤ちゃんの粉ミルク人気ランキングまとめ

先輩ママ達の意見を参考に人気の粉ミルクランキングを紹介しました。絶対にコレ!というわけではないですが、選ぶときの目安にしていただければ幸いです。

上記のランキングは育児用粉ミルクです。アレルギー持ちの赤ちゃんは、かかりつけの先生に相談してからペプチドミルク(アレルギー用ミルク)を選んであげるようにしてください。生後9ヶ月くらいから切り替えるフォローアップミルクに関しては、使用した育児用粉ミルクの中で気に入ったメーカーのものを与えれば大丈夫だと思います。

粉ミルク選びに関しては、国内産であれば安全性にそれほど不安はありません。むしろ粉ミルクに使用する水(お湯)のほうが大切です。もし粉ミルクに水道水を使用するのであれば、トリハロメタンを除去するために、きちんと沸騰(10分以上)させてからミルクを作るように心がけてください。

関連する記事

  1. 赤ちゃんに完全母乳ではなくミルクを併用するメリット

    完全母乳派と混合授乳派のご家庭がありますが、この方法でないとダメだということはありません。母乳とミルクを併用することにもメリットがあります。ここからは混合授乳のメリットについて具体的に紹介していきます。

  2. 初めてでも安心!赤ちゃんのための粉ミルクの選び方

    赤ちゃんの粉ミルクを選ぶときに、きちんとしたメーカーの粉ミルクであれば問題ないと思いますが、選ぶときに気をつけておくべきこと(選ぶポイント)もあるので、選び方がわからないという方は参考にされてみてください。

ページ上部へ戻る