ウォーターサーバーのレンタル費用って高い?安い?

ウォーターサーバーにかかる費用を「高い」と思うのか「安い」と思うのかは人それぞれで違います。必要のない家庭にとっては設置しても無駄な出費になります。一方で、日常生活(赤ちゃんのミルク作り等)がずいぶん楽になったと感じている人は、サービス自体に満足しているので特に高いとは思わないのかもしれません。

どう感じるにしろ、ウォーターサーバーを自宅に設置するためには、それなりの費用がかかります。いくらくらい必要なのかは、メーカーや選ぶ水によっても変わってきますが、まずは最初に一般的なウォーターサーバーの料金体系について簡単に紹介していきます。

とりあえず「導入するにはこれくらい必要なんだ」と目に留めておいてください。ウォーターサーバーを導入するのに必要な費用は以下のような感じになります。

ウォーターサーバーに必要な費用

ウォーターサーバーのレンタル料

ウォーターサーバーには購入できるタイプとレンタルの2種類があります。基本的に多くのメーカーが提供しているサービスはレンタル形式です。長い期間サーバーを使って満足しているのであれば、購入したいという家庭もあるかもしれませんが、初めて導入しようと考えているのであればレンタル(お試し期間があればさらに◎)で十分です。

このレンタル料は各メーカーによって異なますが、だいたい1ヵ月500円~1,500円程度が相場のようです。むしろ最近ではレンタル料を無料にしているメーカーのほうが多いかもしれません。無料のところはメンテナンス料等で料金が発生したりする場合もあるので事前の確認が必要です。

サーバーの電気代

毎月ウォーターサーバーを使用するための電気代がかかります。基本的には冷蔵庫と同じようにコンセント(電源)を入れっぱなしにしておきますが、実際にかかる電気代は1ヵ月1,000円程度です。電気ポットで調乳するのと同じくらいの電気代ですし、省エネのウォーターサーバーであれば毎月500円程度で抑えられるものもあります。

宅配水の料金

毎月使用する宅配水の量だけ水代がかかります。宅配水の料金はメーカーや水の種類によって異なりますが、1本12L(リットル)で1,000円~2,500円程度が相場です。赤ちゃんがいるご家庭であれば4本48Lあれば十分だと思いますが、本数が増えると1本あたりの料金が割引になるメーカーもあります。宅配水を毎月4本48Lでの相場は4,000円~7,000円くらいと、メーカーによってかなりバラつきがでます。

また「1ヶ月で最低何本以上お水を注文しなければいけない」というノルマ制を設けているメーカーもあります。とは言ってもノルマは2本~4本がほとんどで、赤ちゃんがいるご家庭であれば普通に毎月使用する範囲の量なので特に問題ないと思います。

水の配送料

ほとんどのメーカーでは、水の配送料が無料となっています。ただし、離島など一部地域によっては有料になってしまうこともあるので事前の確認が必要です。

メンテナンス料

ウォーターサーバーのメンテナンスにかかる費用です。とはいってもウォーターサーバーは、内部のタンクに細菌が入り込まないように設計されているので、ほとんどのメーカーではメンテナンス費用が無料のところが多いです。仮にメンテナンスが必要なサーバーでも行うのは年に1~2回で、高くても年に5,000円程度が相場のようです。

解約金

メーカーによっては契約期間を設けている場合があります。そういったウォーターサーバーの場合、契約期限内に解約してしまうと解約金が必要になってしまいます。一般的には5,000円程度が相場のようです。

最低契約期間は半年~1年がほとんどですが、さらに長いところもあります。初めての導入で不安であれば、最低契約期間が短いメーカーを選ぶか、無料のお試し期間を設けているウォーターサーバーを選ぶようにしてみてください。

ウォーターサーバーで1ヶ月にかかる費用(まとめ)

ウォーターサーバーで1ヵ月に必要な費用をまとめてみると、毎月48L(12Lを4本)のお水を使うと仮定した場合、電気代、サーバーレンタル代も含めて以下のような料金になります。

1ヶ月5,500円~8,500円程度(※解約金は含まれていません)

サービスを「高い」と感じるか「安い」と感じるのか

ここまでウォーターサーバーに必要な費用について紹介してきましたが、金額だけを聞くとそれなりに高い出費だと感じる方が多いのかもしれません(私も実際に導入する前は、高いと感じていました)

そのサービスに満足するのかどうかは、実際に使用してみないとわからないものです。高いか安いかの判断は人それぞれ。利用する価値の有無は、こちらが求めているものを提供してくれるのかによって変わってきます。

大切な時間をお金で買うことができる

私は今現在、ウォーターサーバーへの出費がそれほど高いものだとは思っていません。それはサービスを利用することで時間に余裕が生まれるからです。

私のように小さな赤ちゃんがいるご家庭にとっては、ミルク作りのためにお湯を沸かす時間を別のことに活用できる画期的なサービスだと思っています。

※赤ちゃんへのミルク作りだ大変(細心の注意が必要)だということは、以下の記事も合わせてご覧ください。

赤ちゃんのミルク作りには70℃以上のお湯が必要で、水道水を使用する場合は10分以上も沸騰させ続けなければいけません。時間にすると1ヶ月で75時間程度も必要になります。

その時間があれば、赤ちゃんにもっと愛情を注いであげることができます。疲れたママが休憩する時間に使うことができます。75時間というのは本当に貴重な時間です。仮に時給1,000円のお仕事があるとすれば、75,000円分の時間です。

それを月々10,000円以内で買えると考えたら、私は特に高いとは感じないようになりました。本当に子育てが楽になりましたし、時間だけでなく心にも余裕ができました。

我が家では満足していますが、価値への判断は人それぞれなので、自分の家庭には合わない可能性もあります。初めてウォーターサーバーを導入するのであれば、長期の契約やサーバー自体の購入はオススメしません。

もし少しでも気になっているのであれば、最低契約期間が短いとことか、無料のお試しサービスを行っているウォーターサーバーを試してみることをオススメします。

関連する記事

  1. ウォーターサーバーを導入する前のチェック項目

    ウォーターサーバーを選ぶときは、どのメーカーにするのかだけでなく、導入前にチェックしておくべき項目があります。ここでは赤ちゃんがいるご家庭ということを前提に、それぞれのチェック項目を紹介していきます。

  2. ウォーターサーバーの修理、解約、機種変更ってどうすればいいの?

    ウォーターサーバーの修理・解約・機種変更の方法について具体的に説明していきます。メーカーによって違いはありますが、基本的な流れはほとんど同じなので、トラブル等で困ったときは参考にされてみてください。

  3. ウォーターサーバーに赤ちゃんがイタズラしないか不安

    赤ちゃんが生まれたばかりでまだ小さいうちはいいですが、1歳くらいになって背伸びができるようになると、ウォーターサーバーのレバー(蛇口)に手が届いてしまい、イタズラしてしまうので心配だというご家庭も多いようです。

  4. 赤ちゃんのミルク作りにはウォーターサーバーが便利

    テレビでウォーターサーバーのCMなどを見て、「なんとなく便利なんだろうけど、うちには別にいらないかな」と思っている方も多いのではないでしょうか?ここではウォーターサーバーのデメリットとメリットについて紹介していきます。

  5. ウォーターサーバー(宅配水)の具体的な導入方法

    「ウォーターサーバーって機械を家に設置しなきゃいけないし、導入が面倒なんじゃないの?」と感じていらっしゃる方も多いかもしれません。しかし、ウォーターサーバーを導入のはとても簡単。基本的なことは業者さんがやってくれます。

ページ上部へ戻る